東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校付属小学校二子幼稚園 |五島育英会

HOME > 五島育英会概要 > 創設者 五島慶太先生

創設者 五島慶太先生

〜生誕130年を迎えて〜

初代理事長 五島慶太先生

初代理事長直筆の座右の銘

学校法人五島育英会の初代理事長である五島慶太先生は、1882(明治15)年4月18日長野県小県郡に農家の二男として生まれました。東京帝国大学卒業後、官僚として鉄道業界の発展に力を注ぎます。その後、実業家としての道を進み、東急グループの礎を築き、多摩田園都市エリアや渋谷の再開発などまちづくりに辣腕をふるいました。また、戦時統制下、民間出身ながら運輸通信大臣を務めるほどに政治的力量も高く評価されました。

一方で、国の繁栄と産業発展のためには、人材の育成が何より重要と、教育事業の推進に意欲を燃やします。東京都市大学の前身である武蔵高等工科学校を創立し、武蔵工業大学に発展させた西村有作氏の懇願により学校経営を引き受け、当時、五島先生が学校運営に携わっていた東横学園と統合することによって1955(昭和30)年に学校法人五島育英会が設立しました。

その五島先生の悲願が、大学を頂点とする総合学園化でした。
都市大グループが2009年に誕生してから4年目となる2012年は、五島先生の生誕130年にあたります。

同年4月、グループを代表して理事長、総長をはじめ各学校長などの関係者は、五島先生が眠る九品仏浄真寺(東京都世田谷区)を墓参、さらなる発展を誓いました。

五島先生の遺志を受け継いで、これからも都市大グループは、休むことなく、進化、成長し続けます。

五島先生が眠る九品仏浄真寺を墓参(2012.4)


東京都市大学グループの祖・五島慶太翁 生誕130年記念誌

東京都市大学グループの祖・五島慶太翁 生誕130年記念誌
「熱誠」が、2013年6月に刊行されました。
PDF版はこちらをクリックするとご覧いただけます。


五島慶太翁生誕130年記念誌出版記念を(2014年4月18日)

五島慶太翁生誕130年記念誌出版記念パーティーを開催しました(2014年4月18日)



【五島育英会誌より抜粋】

■五島育英会誌「ゆうわ」103号 (五島慶太翁生家 実測模型ついに完成)

■五島育英会誌「ゆうわ」102号 (五島慶太翁生家 実測プロジェクト)

■五島育英会誌「ゆうわ」101号 (顕彰事業レポート)

五島育英会誌「ゆうわ」98号 (五島慶太翁生誕130年記念誌「熱誠」ついに刊行)

■五島育英会誌「ゆうわ」95号 (初代理事長五島慶太翁生誕130年ご報告墓参会を開催 慶太翁の理念と、教育への想いを振り返る)

■五島育英会誌「ゆうわ」90号 (五島慶太氏伝(4)五島慶太物語 教育にかける想い)

■五島育英会誌「ゆうわ」89号 (五島慶太氏伝(3)創立者の像 「五島慶太物語」in北見工業大学)

■五島育英会誌「ゆうわ」88号 (五島慶太氏伝(2)東京都市大学グループにある創立者の胸像 五島慶太氏像)

■五島育英会誌「ゆうわ」86号 (創立者五島慶太氏生家 長野県小県郡青木村殿戸地区)


【関連するリンク先】

↑上へ戻る

五島育英会概要