東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校付属小学校二子幼稚園

五島育英会トップ > > Archives: 2007/11

東横学園小学校 「感謝の集い」を実施

2007.11.24 Sat
〜お世話になっている方々へ感謝の意を込めて、校内外を清掃〜

東横学園小学校(東京都世田谷区 校長:沖田 侃)では、2007年11月15日(木)、10:30〜12:10まで、「感謝の集い」を実施いたしました。

「感謝の集い」は、平成9年より実施し、本年で11回目の取り組みとなるもので、日頃児童がお世話になっている方々への感謝の心を呼び起こすこととともに、お礼の気持ちを伝えることを目的とし、全学年の児童が校外(次太夫堀公園や世田谷通り近辺など)や校内の清掃活動を行うものです。また、翌16日(金)には、東急線二子玉川駅と小田急線成城学園前駅の駅員や交番の警察官の方々、成城消防署の方々へ、児童会役員がお礼の意を込めて挨拶を伝えるために訪問しました。

この活動は、上級学年と低学年の児童が一緒に清掃活動を行なうことや、全校児童の参加することなどを通し、異なる学年の児童が交流し、助け合いや協力していく心を培う役割も担っております。

今後も本校では、このような活動を通して、児童の自主性、主体性の育成に取り組み、明るく楽しい学校づくりを目指してまいります。

当日の模様(写真)等詳細はこちら

参考:
・東横学園小学校ホームページ
・五島育英会ホームページ
東横学園小学校 | 12:17 | comments (0) | trackbacks (0) | ↑上へ

武蔵工業大学 第11回「マイテック産学技術交流会in学園祭」のお知らせ

2007.11.16 Fri
武蔵工業大学では、来る11月23日(金)〜25日(日)の3日間にわたり、第78回MI-TECH祭(学園祭)が開催されます。
「MI-TECH」とは、本学の英文名Musashi Institute of Technologyから造った本学の愛称で、私たちは「マイテック」と呼んでおります。

このMI-TECH祭では、学生団体、研究室等による模擬店やライブ、コンサートなどの多彩な催しに加え、研究室や学科研究会の日頃の研究成果等を一般の方々に公開する「研究発表」も行われます。

そこで、武蔵工業大学産官学交流センターでは、この「研究発表」の見学ツアーを企画致しましたので、ご興味のある方は奮ってご参加願います。


■日 時  平成19年11月24日(土)15:00〜18:00
■会 場  本学世田谷キャンパス(東京都世田谷区玉堤1-28-1)
■交 通  東急大井町線「尾山台駅」より徒歩12分
■案内図  http://www.sc.musashi-tech.ac.jp/CampusTour/campusMap-J.html
■対 象  企業の皆様、一般の方々、本学教職員
■定 員  先着30名様
■参加費  無料(事前申込制)
■主 催  武蔵工業大学 産官学交流センター
■後 援  日刊工業新聞社


■集合場所 1号館2階「125教室」

■第1部 学園祭「研究発表」見学ツアー(15:00-17:00)

(以下、公開学科、研究室等)

  1.都市工学科(新緑会)
  2.知覚システム工学研究室
  3.知識工学部
  4.水素エネルギー研究センター
  5.自動制御研究室
  6.燃料電池研究会(閃源会)
  7.シリコンナノ科学研究センター
  8.コンピュータメディア工学科研究会
  9.画像工学研究室
 10.気体エレクトロニクス研究室
 11.量子ナノデバイス研究室
 12.機械工学科(ものづくり2007)
 13.機械システム工学科(CAP)
 14.電気機器研究室
 15.原子炉工学研究室・分析科学研究室

■第2部 懇親会(17:00〜18:00) ※参加費無料

■申込先  武蔵工業大学 国際産官学連携室
      E-mail:sangaku@adm.musashi-tech.ac.jp
      Tel:03-3703-3111(代表)
      Fax:03-5707-2128
武蔵工業大学 | 10:25 | comments (0) | trackbacks (0) | ↑上へ

第9回ブラインドカラーコーディネートコンテストにおいて、東横学園女子短大・ライフデザイン学科 が『入賞』&『学校賞』を受賞

2007.11.12 Mon
立川ブラインド工業(株)主催『第9回ブラインドカラーコーディネートコンテスト』において、東横学園女子短期大学ライフデザイン学科1年・嶋田希美さんの作品が、見事『入賞』を受賞するとともに、同短大は『学校賞』に輝きました!
※本コンテストの『学校賞』は、学校の団体賞ともいうべき賞に値するものです。

応募総数1140件、全国の大学・短大・専門学校・高校の応募校数計46校という厳しい競争の中で、本学学生が5名(下記参照)審査を通過するとともに、一次・二次・最終審査の通過点数をポイント制で学校別に競う部門でも1位となりました。
見事選考を通過した本学学生については、同短大のホームページCampus Newsをご覧ください

東横学園女子短期大学ホームページ〜Campus News〜
東横学園女子短期大学 | 19:56 | comments (0) | trackbacks (0) | ↑上へ

知識工学部設立シンポジウム〜知の創造〜(平成19年10月13日開催)当日の模様Webページ公開中

2007.11.12 Mon
10月13日(土)、渋谷エクセルホテル東急にて「武蔵工業大学知識工学部設立記念シンポジウム〜知の創造〜」が開催されました。

→「知識工学部WEBサイト シンポジウム報告ページ」

第吃瑤両径垤岷蕕任蓮◆崗霾鷁充匆颪閥軌蕁廚搬蠅慧豕大学大学院情報学環・坂村健教授がコンピュータの技術的な変遷を辿りながら、今後の課題として「制度設計を伴う技術が重要」と指摘し「他分野と協力し新しい使い方を考える」重要性にも言及。
くしくも知識工学部の理念に合致した未来社会の在り方を熱く語られた。

コーヒーブレイクをはさんだ第局瑤任蓮△泙叉榮眇掘γ亮厩学部長による学部紹介、さらに情報科学科・情報ネットワーク工学科・応用情報工学科及び現在設置が検討されている新学科の各担当教授による学科紹介が行われました。
いずれも「知識と工学の融合」という知識工学部の理念に沿った一貫したメッセージが披露されました。

最後のパネルディスカッション「知識工学部の今後の発展に向けて」では、パネラーに濱田隆士・東京大学名誉教授、西野寿一・慶應義塾大学名誉教授(本学客員教授)、桑島秀一・神奈川県立鶴見高等学校校長の3名をお呼びし、時にユーモアを交えた議論が行われました。

シンポジウム当日の様子(動画)を下記のページよりご覧頂くことができます.
→「知識工学部WEBサイト シンポジウム報告ページ」
武蔵工業大学 | 19:35 | comments (0) | trackbacks (0) | ↑上へ
1/1