東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校付属小学校二子幼稚園 |五島育英会

HOME > 採用情報 > 職員からのメッセージ

職員からのメッセージ

 ○求める事務職員像 ○募集要項  ○職員からのメッセージ

東京都市大学 学生支援センター Kさん

現在の担当業務内容を教えてください。

 学生支援センターの中で、私は主に正課外活動の支援を行っています。本学では、学生の所属やキャンパスの違いを超えて、一体となる正課外活動が盛んに行われています。活動分野もスポーツや音楽、演劇、ボランティア活動など、その内容は多岐に渡ります。
 私の業務はそうした正課外活動をより円滑に行えるための運営や大学祭などの学校行事の支援を行うことです。

仕事で大変だったことや失敗談を教えてください。

 窓口を訪れる学生にはさまざまな考え方の学生がいます。時には大学にクレームをしてきたり、無茶な要望をしてきたりすることも少なくはありません。
 社会に出たことのない大学生ばかりを相手にするだけに、時には非常識な態度をとられることもあります。こうした学生に対して真正面から向き合わなければいけないのが大学職員の役目です。
 ときには腹の立つことや、大学との板挟みになることもありますが、根気強く向き合い続けることで双方が納得する解決の道を探ることが大切です。

仕事のやりがいや今後の目標を教えてください。

 やはり一番やりがいを感じるのは、学生の成長を感じられる時です。これは窓口を持つ課の醍醐味だと思います。ただ窓口対応の際には「ここはサービス業ではなく教育機関である」ということは常に意識しています。学生にあれこれと世話を焼き、手取り足取りしてあげるのが仕事ではありません。学生の主体性や成長を育む教育機関として対応することが何よりも重要なことです。その分、手間が増えたり、学生に面倒がられたりすることもありますが、それも仕事のうちだと理解しています。

五島育英会(東京都市大学グループ)の職員を目指す方へのメッセージ

 少子化による人口減少やグローバル化など社会を取り巻く環境は、以前と比べて急激に変化し、今後大学に求められるものは今以上に多種多様なものになるでしょう。そうしたニーズに応えられる大学を作り上げていくためにも、皆さんそれぞれの個性や強みを最大限に活かしていただきたいです。
 就職活動をしていると、多くの情報が入ってきて時には自分のやりたいことがわからなくなることもあると思います。しかしそれに負けずにとことん考え抜き、その先に見えた道に進めば、きっと後悔はありません。その道が大学職員であるなら、ぜひ五島育英会にチャレンジしてみてください。一緒に働ける日を楽しみにしています。

↑上へ戻る

採用情報教員募集