東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校付属小学校二子幼稚園 |五島育英会

HOME > 五島育英会概要 > 学校一覧 > 東京都市大学塩尻高等学校

東京都市大学塩尻高等学校

東京都市大学塩尻高等学校

<大切なお知らせ> 普通科コース制への再編 と 新校舎の建築について (2013.05.22)

 東京都市大学塩尻高等学校(長野県塩尻市 校長:赤羽利文)は、2014(平成26)年4月より、新たな教育理念、教育目標、教育システムの下、現行の普通科、総合工学科の二学科体制から、普通科コース制(国公立難関私大コース、総合進学コース、サイエンステクノロジーコース、スポーツコース)へ再編することを軸とした学校改革を行うこととなりました。これに併せ、多様化する教育環境に対応し、特色ある設備を備えた新校舎の建設及び既存校舎を改修いたします。伝統ある工業系技術者の人材育成は、今後普通科のサイエンステクノロジーコースとして継承し、高度な技術者の育成を目指します。「ものづくり」の基礎を学びながら、大学進学も目指すことのできるコース制の導入は、長野県下では初となります。
 



「自分新発見」をテーマとし、可能性の探求を目指します

公式サイトの更新情報はこちら

本校の特徴

本校は、1956(昭和31)年の開設より、生徒一人ひとりが持って生まれた自分の能力に気付き、誇りを持って勉学に励み、その能力を発揮し、自己実現を喜び合える学校づくりに取り組み続けており、時流に即した生徒個々のニーズに対応するために、大学進学・資格取得・技術習得等を見据え、学科再編やカリキュラム改訂等の「改革・活性化」を続けています。
2009(平成21)年度の東京都市大学の誕生に伴い開設された新学部(都市生活学部都市生活学科、人間科学部児童学科)への進学対応等も見据えた推薦体制の整備や、より多くの女子生徒の受け入れにも対応した施設設備の充実を推進しています。

目指す学校像

「自らが成長し、自己実現できたことを自覚できる学校」「生徒が卒業して良かったと思える学校。また、中学生が入学したいと思える学校」を目標に、本校の特性を重要視し、付加価値の向上に努めていきます。こうした目標を達成するため、社会性(情操教育)の習得による人と地球に優しい人間づくり、コース制による自己選択を通じた学習動機の育成、資格取得による自己の可能性新発見、東京都市大学との連携による自己実現のサポート、改革への素早い対応による学びのニーズの育成、部活動の活性化による自己実現の達成を目指します。

開設年

1956(昭和31)年

代表者

校長 赤羽 利文

所在地

〒399-0703 長野県塩尻市広丘高出2081

連絡先

0263-88-0104

ホームページ

http://www.tcu-shiojiri.ed.jp

校訓

公式サイト更新情報URLhttp://www.tcu-shiojiri.ed.jp/rss.xml

↑上へ戻る